スマホと固定電話の繋がりやすさはどうなっているのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電話は遠くの人物と連絡を取り合う手段として最適なツールです。それだけ日常生活で欠かせないだけに日々研究がなされることで、これまで建物内に入りめぐらされた回線と直結して使う固定式からチップを介して送信しあうことで場所を問わずに連絡を取り合うスマホのような携帯式が生まれたのです。そんな固定式とスマホを含む携帯式ですが、ここで気になるのがどちらが繋がりやすさがあるのかということです。
この繋がりやすさが理解できていれば、基本的につながりやすいほうを優先で使い何らかの事情で使えなくなった時には補助の役割として使えばよいということになります。そこで固定式がよいという人も携帯式がよいという人も、この段階では垣根を超えて今一度良さをおさらいすることがよいといえます。

実は平常時であれば全く変わりない

電話を使う条件の中で一番の条件としては平常時での繋がりやすさです。日常生活の中で遠くの人と連絡を取り合ったり、電話をして病院やコンサートなどのチケットの予約を取るなどです。これら出来事を行う上でどちらが繋がりやすさがあるのかというと、実は繋がりやすさという観点では変わりないです。基本的にどちらの方式であっても回線を通して電波を中継し相手のところに送り届ける流れなので、例え両方の方式をとったとしても全く同じレベルです。
ただし病院やチケットなどの予約制の場合では時間が合わないと予約が取れない事態も考えられます。そのため建物の回線を使うタイプはその場所でしか連絡を取ることができないですが、携帯式であればどの場所からでもよいのでその点でいえば平常時には携帯式がよいといえます。

災害時ではスマホよりも建物の回線式がよい

平常時であれば場所を取らずに連絡を取ることができる携帯式がよいといえますが、しかし建物の回線を使うタイプは決して劣っているというわけではないです。それは災害時での連絡としてです。災害時などの緊急性で携帯式を使うと、その利便性が仇となります。それはどの場所からでも連絡ができるために一斉に携帯式を使ってしまいます。それでは中継する装置に負荷がかかってしまい、すぐに連絡を取りたくても受付ができないことが考えられます。
そこで建物の回線を使うタイプであれば、もともと平常時だけでなく災害時でも使うことを念頭に置いて様々な場所に中継基地を置いているため一つに負荷がかかっても別の場所が補うので連絡が取れないということは少なくなります。そのため災害時においては建物の回線を使うタイプを利用するほうが繋がりやすいといえます。

ピックアップ記事

スマホから固定電話へ無料で通話する方法

毎月の利用料金を少しでも安く抑えるために、契約する事業者やプランの見直しをするユーザーが増えています。各通信事業者ではさまざまな通話プランが模索されて来ました。大手通信事業者が提供しているかけ放題プラ...

法人でもスマホアプリで固定電話の番号が使える

スマホからはモバイル回線の会社から割り当てされた番号でしか通話ができないと考える方もいるでしょう。通話アプリを導入して固定電話の番号を設定することで使えるようになりました。事業を始める場合や新規店舗を...

固定電話番号にするとスマホの着信が増えます

現代のビジネスにおいて携帯を利用することが非常に多く、またその利用方法も様々となっています。そのため多くの会社で従業員が仕事のために利用することも増えていますが、一人一人が持っているものであるため個人...

スマホと固定電話の繋がりやすさはどうなっているのか

電話は遠くの人物と連絡を取り合う手段として最適なツールです。それだけ日常生活で欠かせないだけに日々研究がなされることで、これまで建物内に入りめぐらされた回線と直結して使う固定式からチップを介して送信し...


コンテンツ

カテゴリー