法人でもスマホアプリで固定電話の番号が使える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホからはモバイル回線の会社から割り当てされた番号でしか通話ができないと考える方もいるでしょう。通話アプリを導入して固定電話の番号を設定することで使えるようになりました。事業を始める場合や新規店舗をオープンさせる場合にも使いやすいです。従来までは通話をするのに回線の工事費用をしなくてはいけなかったり、初期費用がかかったりしましたが、機種端末とアプリがあれば全く必要がありません。オプションサービスが有償の場合がありますが、コストや手間を大幅に削減できます。
まだ使える局番や地域が限られていますが、利用者が増えて設備が拡充されれば対応地域も広がってくるでしょう。書類の手続きをすることなく、インターネット上から申し込みが可能な業者もいますので早く利用したい場合にも便利です。

社員が多い会社でも対応がしやすいか

固定電話番号が使用できるサービスは、従業員の携帯端末にアプリを導入すると代表の番号に着信しただけで社員の端末にも着信します。特別にビジネス用の機種を用意しなくても、社員自身のスマホが子機となると考えると分かりやすいでしょう。ただし、アプリを導入する人員が増えると追加料金が発生することもあるので注意が必要です。
部署や支店ごとに代表の番号を設定することも可能です。インターネットで通話をするので、遠く離れている出先や出張先の場合でも本支店間の通話でも通話料がかからないサービスもあります。顧客から問い合わせがあった場合にも社員の間で保留や転送などの機能も使えるので、一般的な通話と変わらないサービスが可能なことがほとんどです。お試し利用できるサービス業者もありますので、本格的に導入する前に使ってみて判断しましょう。

ファクスや不在着信の扱いはどのようになるのか

スマホで使うサービスなので、ファクスや留守番電話の機能が使えるか気になる方も少なくありません。インターネットで通信する特性を生かして、クラウドサービスでネット上にデータの置き場所を作って利用できます。ファクスの送信機能は付いていないことがありますが、受信であればクラウドにデータを保管した後に設定したメールアドレス宛に受信できます。PDFファイルの形式に変換されるので、後から印刷する場合でも書式が崩れることはありません。固定回線で使うタイプのファクスも変換器を付けて使用可能です。留守録の場合もファクスと同様で、クラウドサービスに着信と音声データを記録させて後から内容を確認できます。
ネット上にデータがあるため、アプリを入れている社員であればどこでもファクスや留守録音のメッセージの確認が可能です。営業活動等で離席や外出が多い職場でも使いやすいでしょう。

ピックアップ記事

スマホから固定電話へ無料で通話する方法

毎月の利用料金を少しでも安く抑えるために、契約する事業者やプランの見直しをするユーザーが増えています。各通信事業者ではさまざまな通話プランが模索されて来ました。大手通信事業者が提供しているかけ放題プラ...

法人でもスマホアプリで固定電話の番号が使える

スマホからはモバイル回線の会社から割り当てされた番号でしか通話ができないと考える方もいるでしょう。通話アプリを導入して固定電話の番号を設定することで使えるようになりました。事業を始める場合や新規店舗を...

固定電話番号にするとスマホの着信が増えます

現代のビジネスにおいて携帯を利用することが非常に多く、またその利用方法も様々となっています。そのため多くの会社で従業員が仕事のために利用することも増えていますが、一人一人が持っているものであるため個人...

スマホと固定電話の繋がりやすさはどうなっているのか

電話は遠くの人物と連絡を取り合う手段として最適なツールです。それだけ日常生活で欠かせないだけに日々研究がなされることで、これまで建物内に入りめぐらされた回線と直結して使う固定式からチップを介して送信し...


コンテンツ

カテゴリー